☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
投資競馬
有名な商法の一つに『78対22の法則』というものがあります。

銀行経営では金を貸したい人と借りたい人の比率が78対22の時、経営が一番うまくいくといいます。
また、経営学上では売上の78%は全顧客の22%が生み出しているともいいます。
JRAは馬券での売り上げのうち75%を払い戻し金として馬券を買った人に還元しています。
ですからこの法則を競馬に当てはめると
75%の払い戻し金の78%もの金額を、競馬人口のたった22%の人がもらっている
ということになります。

ほんの少しプロが稼ぐ22%側を覗いてみませんか?

気になる新聞一面広告を出すあの競馬予想会社は当たるのか?

気になる新聞一面広告を出すあの競馬予想会社は当たるのか?

今回のレポートは、気になる一面広告のあの競馬会社に入会すれば、本当に儲かるのか?

それを実際に調べていった結果を公開いています。


この情報であなたが得られるものは...


○ 競馬予想会社の本当の実力がわかる
○ もう競馬予想会社にだまされた!ということが無くなる
○ 予想会社がどこが良いのかわかる

今回のレポートの最大の目的は、競馬予想会社や、予想ノウハウを販売している人や商材の批判が目的ではありません。

これを読まれるあなたが今後、競馬で安定した結果を出し、収支をプラスにすることができる予想外者を探すときに、ひとつの基準としてこの情報が役に立てれば幸いという思いをこめて作成させていただきました。


ぜひ、効率のよい予想会社を探して稼いでくださいね。

この無料レポートを読む

〜スゴワザ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。