☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
投資競馬
有名な商法の一つに『78対22の法則』というものがあります。

銀行経営では金を貸したい人と借りたい人の比率が78対22の時、経営が一番うまくいくといいます。
また、経営学上では売上の78%は全顧客の22%が生み出しているともいいます。
JRAは馬券での売り上げのうち75%を払い戻し金として馬券を買った人に還元しています。
ですからこの法則を競馬に当てはめると
75%の払い戻し金の78%もの金額を、競馬人口のたった22%の人がもらっている
ということになります。

ほんの少しプロが稼ぐ22%側を覗いてみませんか?

「「セールスレターと中身が全然違う詐欺的商材の返金請求方法」」

「「セールスレターと中身が全然違う詐欺的商材の返金請求方法」」

◇「セールスレターと中身が全然違う詐欺的商材の返金請求方法」

「絶対に100%儲かる!」
とセールスレターで説明されている情報商材を
高いお金を払って買ってはみたものの
中身をみたら全く儲からない内容だった・・・

はっきり言って、シャレにならないです。

こんな情報商材があるから、
情報商材=詐欺、悪徳商法と言われてしまうのです。

泣き寝入りなんかせずにさっさと返金してもらいましょう。
そして、詐欺的で悪質な情報商材を撲滅しましょう。
そんなこと本当にできるかって?

じゃあ、その根拠を紹介します。
難しいのでなんとなくわかればOKです。

  http://www.sugowaza.jp/r/NWczX2FY.html

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。